たりのまどろんでる日記


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イギリスの思い出(2)ヴィクトリア&アルバート博物館
イギリスは見所がたーーーくさんあります。

ガイドブックを読んで、博物館や美術館がたくさんあるのは知っていたけど
こんなに街に溶け込むように、至る所にあるとは思いませんでした。

私が行ったのは、

★大英博物館
大英博物館
・・・ミイラがちょっと怖い。30分くらいでそそくさと撤退 笑

★自然史博物館(だんなだけ)
・・・恐竜の骨が有名。鉱物の展示はわたしも一緒に見たかった!!

★テート・ブリテン(トイレとカフェ利用のみ)
・・・だんなの好きなターナーが飾られているとも知らず素通りしてしまって、後から後悔

★ナショナルギャラリー
・・・雨宿りのために立ち寄ったら、大好きなルソーの絵画を発見!!

適当な理由で立ち寄ったところが、意外とすごいところで
ロンドンの懐の深さを感じました。

そして、旅行前からとても楽しみだった
★ヴィクトリア&アルバート博物館
ヴィクトリア
・・・これは博物館内にあるカフェ。ギャンブルルーム。めちゃおしゃれ。

ヴィクトリア&アルバート博物館では、ファッションや装飾品・工芸品を中心としたコレクションを見ることができます。

一番見たかったジュエリーコーナーは
jewly.jpg
残念ながら、撮影禁止・・・(泣)

少し悲しかったのですが、気を取り直し、
コーナーを見ていると、ジュエリーの作品情報をメモしたり、
軽くスケッチしている人がいました。

私もその人の真似をして、気になったものをスケッチ&メモ。

そして、このブログを書く段階でわかったのですが、
ここの博物館のコレクションはネット上で検索できるようになってるんですね。
なんとも親切!!

あのときのメモが今になって役に立つなんてちょっと嬉しい。

気になったもののリンクを貼付けてみます。

Manchester Tiara
これ全部ダイヤモンドかあ・・・

Lady Coryのサファイヤネックレスとイヤリングのセット
豪華すぎる。。。宝石の重さで首が凝りそう。

ぶどうをデザインしたアメジストビーズのネックレスとイヤリングのセット
自然にあるものをモチーフにしたものってなんか親近感がわく

Ludwig Politzerのブローチ
細かい!小さい!精巧すぎる。

ピーコックペンダント
おしゃれ!!これはかわいい。つけたい。

その他にも、舞台芸術コーナー

女優の部屋
女優の楽屋を再現!


アジアや中東のコーナーもあります。

これは日本コーナーで見つけた斬新すぎて忘れられない置物(?)

子ども
日本でもこんなの見たことないけど・・・笑


・・・で、有料コーナーと勘違いして素通りしてたところに
V&A博物館で絶対見逃してはいけないファッションコーナーがありました。

年代順にファッションの変遷を見て行くことができてかなり興味深い。

ファッション4
とてもかわいいドレス。奥にある絵画の女の子の着ているものと一緒。

ファッション1
素晴らしく繊細なベール。とても心惹かれました。

ファッション2
クリスチャンディオールです!

ファッション5
靴好きにはたまらない。こりゃもはや芸術品の域です。

もうため息の連続でした。


この博物館には、もう一カ所すばらしいところがあって

中庭
館内の中庭です。
お昼になるとロンドンっ子でいっぱい。
みんな思い思いに寝っ転がったりして、のびのび過ごしてます。
入館料がタダなので、仕事の合間や昼休みにここでのんびりしてる人が多いんだろうなあ・・・。
うらやましすぎる・・・。

こんなかんじで、呼吸をするように、小さな頃からハイセンスなものに囲まれているロンドンっ子
もう、おそろしい!!笑

そりゃあ、ロンドンは世界の芸術・ファッションの中心地になるわなあ・・・と
心底、関心しました・・・。

関連記事
【2014/07/18 23:13】 イギリス旅行記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<TOEIC目標点数、達成しました! | ホーム | イギリスの思い出(1)ミュージカルがすごかった>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。